Z会 小学生

先取り学習の評判・口コミを【徹底解説】!○○をやっておけば後悔しない!!

うちの子供に先取り学習をさせようかと考えてるんだけど、実際についていけるのか不安だわ。。 先取り学習ってどうなんだろう?

あと実際に先取り学習をした人たちの口コミを見てみたいな。

こういった疑問に答えます。

✔本記事の内容

・先取り学習ってやらせたほうが良いの?【判断基準をご紹介】
 
・実際に先取り学習させた人の口コミ【参考になる口コミを多数掲載】
・先取り学習にオススメの教材
 
 
 
せっかく先取り学習をスタートしても、
難易度が高すぎてついていけなかったりすると困りますよね。
 
 
子供に難易度の高い問題をやらせて勉強が嫌いになってしまわないか心配ですし。。
 
 
そこで今回は中学受験・大学受験で通算6年間受講し、
今は小学校と保育園の子供が2人がZ会を受講している、Z会にどっぷりだった私が、この疑問にお答えします。
 
 

先取り学習』に関する評判・口コミを分かりやすくシンプルにお伝えしていきます。

 
きっと今のあなたの疑問や不安が解決されますよ。
 

先取り学習の評判・口コミ
結論:先取り学習ってどうなの?

 
✔先取り学習についてはこう考えればOKです。
 
結論:「伸びたい」と欲する子どもを抑えることはできません。

   親が良質の内容を与えられるよう取捨選択していけばよい。

 
 
 

『伸びたいと』欲する子供の要求を抑える必要はない

 
先取り学習について悩んでおられるあなたは、

お子様に先取り学習出来る力がありそうなものの、

無理をさせて勉強が嫌いになったり、

学ぶことに嫌いな感情をもってしまうのではないかと心配しているのではないでしょうか

 
 
しかし子供の【学びたい】という欲求は、その時期にしかみられない非常に重要な感情です。
 
 
だから失敗を恐れずに、親である私達は先取り学習を含めいろんなことに挑戦をさせてあげたら良いと考えます。
 
 
とも
とも
 
もしちょっとでも難易度や進度に無理があるように感じれば先取りを辞めてもとに戻せばよいだけの話です。
 
 
 
 

いつでもやり直しはできる。まずはやってみてから考えたらいい

 
もしあなたが、うちの子は先取り学習ができそうだと判断されるのであれば
 
まずはサンプルや資料請求をして、実際にお子さんと教材に取り組んで、そのときの反応を一緒にみてあげたらいかがでしょうか?
 
 
もし難しいと感じたり、子供さんのレベルを超えて勉強が嫌いになりそうだと感じたら、早いタイミングで先取り学習をストップし、元の学年に戻ればよいだけの話です。
 
とも
とも
 
まずはお子さんの学ぶ欲求をみたしてあげられる教材を選びましょう。

 

 

オススメの先取り学習教材 TOP3

じゃあ具体的にどんな教材で先取り学習を進めたらいいの?

それではここからは先取り学習でオススメの学習教材をご紹介したいと思います。

✔子供達が自分のちからで進めることが出来る

✔楽しく先取り学習をすることが出来る

✔中学受験にもも対応することが出来る。

この3点を満たす先取り学習教材をご紹介していきますね。

第3位 中学受験ならZ会ハイレベルコース

Z会は一般的には難しそう。。。と言われることが多いですが、

それはあくまで小学4年制以降の『中学受験コース』の難易度を指します。

学校の進捗に関係なく、中学受験を意識した内容になっています。

先取り学習は出来るものの、少々難易度が高めなので、土台となり基礎力がしっかりついているお子さん向けです。

  ⇒Z会小学生コース【無料】資料請求してみる

Z会に関する詳しい記事についてはこちらをご覧ください。

Z会小学生コースの口コミ・評判を徹底解説!通算10年間Z会を受講した筆者のレビューあり 今回はこんな疑問に答えます 私自身も中学・高校とZ会を受講しており、また 2人の小学生と保育園の子供もZ会を受講中です。(4年経...

 

第2位 スマイルゼミの一学年上のコースを受講する

スマイルゼミは基本的には、小学校の授業の進度に応じて進んでいきますので、『先取り学習』をすることはできません。

しかし、1学年上のコースを受講すれば、しっかりと『先取り学習』を進めることができます。

実際に、うちの娘は今年年長になったのですが、小学校の準備の為に

スマイルゼミの『小学1年生コース』を受講していますが、

特に問題なくついていくことが出来ていますので、皆さんもご安心ください。

⇒⇒【期間限定】スマイルゼミ公式HPからの無料資料請求はこちら

スマイルゼミの詳しい記事についてはこちらをご覧ください。

スマイルゼミ小学生コースの評判は?口コミと実際に受講した感想・特徴を【徹底解説】 我が家でも、小学2年生の息子と、年長の娘の2人が揃ってスマイルゼミのお世話になっています。 この記事では、スマ...

第1位 算数の先取り学習ならコレ!RISU算数

既にご存じの方もおおいと思いますが、

算数の『先取り学習』と言えばRISU算数ですよね。

カリキュラムは完全に『先取り学習を前提』として設計されており、

標準的なペースで進めても、小学校4年生終了時点で小学校全てのカリキュラムが

先取り学習できるようになっています。

また中には、小学2年生までに小学校の全カリキュラムを終了させて、さらに全国模試の算数で1位になった子もいるそうです。

⇒⇒【期間限定】RISU算数無料体験はこちらから

RISU算数に関する詳しい記事についてはこちらをご覧ください。

http://tomo-blog-life.com/risu-math-matome/

 

実際に先取り学習をさせた人の口コミ

 
 
それでは実際に先取り学習させた人の口コミをご紹介します。
 
 

先取り学習に関する口コミ

 
それではZ会の先取り学習に関する口コミをご紹介します。
 
皆さん同じ悩みを持っており、先取り学習について色々と検討されている様です。
 
 

 

Z会受講者の方の声

Z会の受験コースの感覚としては、国語の長文読解は難易度が高く感じました。
算数に関しては、もともと得意だったので苦手意識は感じなかったようです。

昨日Z会の方とお電話でお話しをしたのですが、3年の受験コースのなかで先取りになっているのは算数だそうです。

円や球、平行四辺形や角度、大きな数、12月には特殊算(つるかめ算や植木算など)を学び、3年生の時点で4年生の内容まで進んでいるとのことでした。

大きな数に関しては、そろばんで万の位÷百の位ぐらいは理解しているので問題ないとのことで、
4月から4年生の受験コースを再開することにしました。
漢字も4年生の内容を2/3は書き取り済なので、問題ないとのこと。

一度お電話で相談なさって、サンプルを取り寄せてはいかがでしょうか?

                                                Inter-edu公式ページより引用

 

 

Z会受講者の方の声

Z会の受験コース(学年相当)を受講しています。
一応先取りしている方のお話も耳にしますので、また聞きですがお伝えします。

1年先取りで、2年生の時に3年生受験コースを受講されてた方です。
3年生前半まではなんとかついていけたそうですが、後半から算数の難易度が上がり、かなりしんどくなったそうです。その方は今年もう一度3年生の受験コースを受講することにしたそうです。

学年相当の受講の方のなかでも、「ついていけないので標準コースにかわる」という方もいます。

3年生のコースは理科・社会は体験学習があり親のフォローが必要ですし、算数は先取り(Z会独自カリキュラムなので、5・6年生の範囲もたまにあるそうです)、国語の読解も手応えがあります。
個人的には、学年相当で十分だと思いますが…。
サンプル教材をいただけるので、よく検討された方がいいと思います。

Inter-edu公式ページより引用

 

Z会受講者の方の声

今度、小学3年生になる息子に小学4年の受験コースを申し込みたく、Z会に資料を請求しました。

算数に関しては十分ついていけそうでしたが、国語に関しては、息子には消化不良を起こしそうだと思ったので、飛び級はさけました。

算数にかんしては別教材で進めて、Z会はいままでの復習と確認にしたいと思っています。教科ごとに選択できればいいのにと思っています。

Inter-edu公式ページより引用

 

Z会受講者の方の声

高学年の子供がいます。
同じようにZ会の1年先取りで年長まで終了したときどうしようかと思いましたが、うちはそのまま年長時に1年生、1年生時に2年生とすすませました。

先取りしなかった場合との比較はできませんが、うちは先取りさせてよかったと思います。3年入塾時点で勉強が人より得意と思えたことで、いまでもよい成績を維持していますし、勉強へのやる気がすごくあります。

Inter-edu公式ページより引用

 
 
 
 
Z会受講者の方の声
 
Z会では小学校で学ぶ重要な項目について、きちんと身につくよう工夫して教材を設計しています。
2年生で初めて出てくる内容について、今から先取りで学習を始める必要はありません。むしろ、1年生の単元を1年生のうちに「自分のもの」にしておくことのほうが大切です。
                          Z会公式HPより引用
 
まずはよと多くの情報を集めて、後悔しない判断をする為に。まずは無料の資料請求から始めてみましょう。
 
 
 
 

学びたいという子供の欲求を抑える必要はない。
先取り学習はやってみてから考えよう

今回は『先取り学習』についてまとめました。

もし先取り学習を始めて、結局ついていけず勉強が嫌いになってしまったりしたら可愛そうですよね。

だからこそ、先取り学習は最初は親が学習の進捗助教や子供の様子をしっかりとみてあげて、多少のストレスはあるものの、

前に進みたいという子供欲求が見られれば、是非『先取り学習』をスタートさせてあげてください

消化不良を起こして教材がたまってしまうことになれば、すぐに先取りをやめて相応のレベルに戻してあげることがひつようだと思います。

まずはお子さんと親御さんがしっかりと納得してから先取り学習を始める必要がありますので、まずはサンプル・資料請求で現物をしっかり確認してみてはいかがでしょうか?

 

【Z会無料資料請求】

⇒Z会無料資料請求公式HP

【スマイルゼミ無料資料請求】

⇒⇒【期間限定】スマイルゼミ公式HPからの無料資料請求はこちら

【RISU算数への入会はこちら】

⇒⇒【期間限定】RISU算数無料体験はこちらから

 

・Z会を始める手順【まずは資料請求で実物を子供と確認しましょう】

 

Z会の小学生コースについてですがいきなり受講申し込みをするのではなく、

まずは資料請求をして実物を確認して、親子で納得してから受講をスタートしましょう。

①リンク先をクリックしたら左側の【資料請求ボタン】をクリックします。
⇒Z会小学生コース【無料】資料請求してみる

②【必要事項を入力します。1分で完了します。】

⇒Z会小学生コース【無料】資料請求してみる

いまなら期間限定で『かんぺきわーく』プレゼント中です。

なくなり次第終了ですので、お早めに。

Z会は資料請求後の電話勧誘等は一切ありませんのでご安心下さい。

 

スマイルゼミを始める手順

スマイルゼミは10年以上も前から教育現場に向き合ってきたノウハウの蓄積から誕生しました。

現時点で最も評価されているタブレット教材です。

【スマイルゼミ表彰歴】
☆★2013年日経優秀製品・サービス賞 最優秀賞を受賞!☆★
☆★第10回日本e-Learning大賞 初等教育クラウド部門賞を受賞!☆★
☆★イードアワード 通信教育2017 「小学生タブレット」顧客満足度 No.1☆★

 

【さらに今なら【期間限定】で下記のキャンペーンを実施中です。】

タブレット\39,800 ⇒¥9,980!
2週間タブレット無料体験!
初月の講座料金無料!
兄弟の加入で5000円プレゼント!
お友達や兄弟の紹介で1000円プレゼント!

 

さらに教材に満足頂けなかった場合は、全額返金保証付きです。

是非この機会に、子供達の将来のためにスマイルゼミを検討してくださいね!

いまなら無料資料請求後にスマイルゼミに入会すれば10000円以上もお得になるキャンペーン実施中です!

この機会を逃さないように、まずは【無料資料請求】で始めの一歩を踏み出しましょう!

資料請求は簡単2分で完了します

⇒⇒【締め切り間近!】スマイルゼミキャンペーン無料資料請求はこちら

⇒⇒【締め切り間近!】スマイルゼミキャンペーン無料資料請求はこちら

 

RISU算数を始める手順

当ブログ限定のクーポンコード【ari07aを使えば先着50名様限りのお試しキャンペーン(1,980円)もできるので、この機会にぜひ体験してみてください♪
(残りわずかですのでお急ぎ下さい)

入会する場合はこの金額は無料になります。

限定クーポンコードでお得にお試し↓↓↓

⇒⇒【本サイト限定】RISU算数無料お試しキャンペーンはこちらから

【キャンペーンコード入力手順】
上記のリンクをクリックすると下記の画面が出てきますので。
赤枠をクリックして下さい。

その後キャンペーンコードの入力欄にari07aと入力して申し込み完了です。

以上で本サイト限定クーポンコードでの申し込みは完了です!

⇒⇒【本サイト限定】RISU算数無料お試しキャンペーンはこちらから

 

『先取り学習について』まとめ 
まずは無料の資料請求から始めましょう!

という訳で今回は以上です。

各社子供の将来のために、『自分で考える力を身につける』ことができる良質な問題が揃っています。

ぜひ子供の未来への投資だと考えて、ぜひまずは資料請求からはじめてみてください。

【Z会小学生コースの全て】種類・コース内容・口コミ・評判を徹底的解説します! Z会小学生コースは通信教育の中でも、教材のクオリティの圧倒的な高さから受講者からとても高い評価を受けています。 ...


⇒【クリックをお願いします♪】小学校教育ランキング

 

ABOUT ME
とも
とも
共働きで6歳と4歳の子育てをしています。これまでの子育てアイテムや、共働きに役立つ時短のコツ。また今年7年目に入った資産運用や節約術を発信していきます。
関連記事はこちら