Z会 小学生

Z会小学生コース「ハイレベル」で中学受験は可能?!それとも塾併用が最適?!そんな疑問に答えます

Z会小学生コースの『ハイレベルコース』って、どうなんだろう?

中学受験をさせるつもりなんだけど、Z会の『ハイレベルコース』で大丈夫なのかな?

それともZ会の『中学受験コース』?それとも塾併用がいいの?!!

小学生のお子様がいる家庭で、中学受験を視野に入れてる場合はこんな疑問や不安がありますよね。

今回の疑問と不安をまとめると、、。

✔本記事の内容

・Z会の『ハイレベルコース』で中学受験は可能?
 
 中学受験をさせるなら、Z会の『中学受験コース』を受講させた方がいいの?
 
・中学受験はZ会1本では無理?塾を併用した方がいい?
 
 
 
この記事を書いている私は、中学受験・大学受験で通算6年間受講しました。
また今は小学校と保育園の子供が2人Z会を受講しています。
 
Z会に関する情報や体験談を豊富に持っているので、
 
その内容をみなさんにお伝えできればと思います。

Z会の良いところも、いまいちなところも包み隠さずお伝えしていきますので、
 
ぜひ最後までご覧になって頂ければ嬉しいです。
 
 
きっと今のあなたの疑問や不安が解決されるお手伝いが出来ます。
 

・Z会小学生コース「ハイレベル」で中学受験は可能?!それとも塾併用が最適?!そんな疑問に答えます

疑問①Z会小学生コース『ハイレベル』コースで中学受験は可能?

 
それではまず1つ目の結論から
 

結論:Z小学生コースの『ハイレベルクラス』で中学受験は可能です。

 
 
まぁ当たり前なんですけど。当然可能です。
 
ここでお伝えしたいのは、

 
超難関中学を受験するから   ⇒Z会の中学受験コース
 
ハイレベルな問題を解きたいから⇒ハイレベルコース
 
難しい問題は解きたくないから ⇒スタンダードコース
 
 
こういう判断基準で、コース選びをし無いほうが良いということです。
 
 
 
いちばん大事なのは、現時点のお子様の学習レベルです。
 
受験は目標から逆算し、今取り組む課題のレベルを決めると必ず失敗します。
 
例えば、力が伴っていないのに、京大に行きたいから予備校で京大受験コースを受講するみたいなものですね。
 
ここは親である私達がしっかりと、子どもたちと現時点での学力レベルを見極め、それにまずはそれに見合ったコース選択をしてあげましょう。(コースのレベルアップ・レベルダウンはいつでも可能です)
 
それでは次の疑問にお答えしていきます。
 
 

疑問②中学受験はZ会1本では無理?塾を併用した方がいい?

それでは結論から
 

結論:中学受験はZ会1本で十分可能、塾の併用は不要です。

 
基本的にZ会のコースは超難関中学と言われる灘・開成まで十分網羅できるレベルと教材のクオリティの高さを誇っています。
 
ではなぜ『塾も併用したほうがいいの?』という疑問がでてくるのか?
 
 
 
それは『一人で学習する習慣が身に付いていない』と感じているからだと思います。
 
Z会の様な通信教育と、塾の決定的な違いは【受け身の学習体制になりやすいか・なりにくいか】です。
 
 
 
当然塾の場合は、教えることのプロが分かりやすく教えてくれるので受け身の学習体制になりやすいです。
 
しかしそれでは、一時的に中学受験は乗り切れても、その後に控える高校受験・大学受験、はたまた社会人生活において受け身の姿勢になりやすいです。(一概には言えませんが)
 
 
 
そしてZ会は自分の力で考え抜く力が求められます。
 
例えばZ会の添削問題の回答が分かるのは1ヶ月後です。
それまで解けなかった問題を悶々と考えるわけです。
 
かなり苦行に近いですが、このときに『自分で考え抜く力』がつく訳ですね。
 
 
 
途中で挫折する子が多いのも確かですが、避けて通った道はかならずいつかまた現れます。
 
それなら若いうちに通っておいて方が良い(Z会で考え抜く力を身に着けたほうがいい)といいのが私の考えです。
 

Z会の問題のクオリティはそんなに高いの?

Z会はとっつきずらいイメージがあるけど、本当の学力がみにつけられそうね。。でも評判のZ会の問題のクオリティはそんなに高いの?

Z会の教材は非常に作り込まれています。

小学生コースを受講している息子の問題を見ていると感心する程、作り込まれた問題(子供の考える力が伸びる問題)が多いです。

 

イード・アワード2018 顧客満足度No1をZ会が受賞

設問では「総合満足度」のほか、「効果の満足度」「子どものお気に入り度合い」「教材の質」「継続のしやすさ」「添削の質」「学費の満足度」「受験・進学情報」「ブランド信頼性」の各部門について、5段階での評価結果。

Z小学生コースが最優秀賞を受賞しました。

⇒Z会公式HP【無料資料請求】はこちらから>>>

 

Z会は通信教育会社で最も歴史が長い

Z会の創業は

【1931(昭和6)年】
・東京淀橋(新宿)に実力増進会を創設し、通信添削を主とする業務を開始

なんと2020年で創業89年の老舗通信教育会社です。

その長年のノウハウの蓄積が、現在のZ会のハイクオリティな教材の基礎になっています。

 

・Z会受講者の口コミ

丁寧な対応に満足電話で直接相談でき、適切なコースどりなどを丁寧に応対してくれました。とくに、添削によるサポートは大変意味のあるものだと思います。小学5年ママ

添削が良い

問い合わせなどはしたことがないため、サポート体制については正直よくわかりません。ただし、添削の先生のコメントなどはあたたかく、わかりやすくて非常に満足しています。

小学6年パパ
 

解説が分かりやすい

添削の内容はもちろんのこと、解説や解き方の説明が丁寧なことが良いなと思いました。丁寧なサポート体制が整っているので、子供だけでも十分学習できます

 

良問が多い

現在、3年生で中学受験コース四教科受講です。 最近感じるのですがZ会は難しいという噂ばかりが一人歩きしている気がします

我が子にやらせてみて思うのは、難しいというより良問が多い。
中学受験コースですが、やはり学校ではまだ習わない単元を先取りで習っていきますので、難しいと感じることもあるようです。
 
小学3年ママ
 

適切な問題難易度

3年生からZ会の中学受験コースをしています。
算数は、先取りしているお子さんには物足りないかもしれません。
我が子は、無理なく少しずつ先取りしていき、4年生のいま結構な分野が終わっています。3年の間は難問はほとんどありませんでしたよ。
割り算などの基礎的な計算の先取りがあるくらいです。

最初は物足りなく感じましたが、時々思考系の問題も入っており、少しずつレベルがアップしているようです。レベル的には誰でもついていけるかと思います。

教科別にみると、国語は記述問題でどこが足りないと減点されるかよくわかり、とてもおすすめですね。

 

Z会資料請求方法【2分で完了します】

Z会に資料請求してみたいんだけど、やり方が難しいんじゃないの?面倒くさかったらいやだぁ。。。

z会の資料請求はホームページから簡単に行うことができます。

お名前や住所、受講者の学年をリストから選択するだけですので2分もあれば資料請求が完了します。

あとは楽しみにお子さんとZ会の封筒が届くのを楽しみにしてくださいね♪

以下に手順を載せていますので、参考にして下さい。
(簡単な2ステップなので、手順を載せるほどでもないですが、、)

⇒Z会無料資料請求公式HP

【1】リンク先をクリックし、トップ画面の【資料請求はこちら】ボタンをクリックする。
幼児、小学生、中学生、高校生、全てこちらから申し込みできますのでご安心ください。

【2】次の画面↓でお名前を入力し、お子様の学年をリストから選択します。
   次に、取り寄せる資料を選択したら完了です。【たったこれだけです】

⇒Z会無料資料請求公式HP
⇒Z会無料資料請求公式HP

以上簡単なステップで完了です。

資料請求さえ完了すれば、あとは教材が届くのをお子様と楽しみに待つだけです。

きっと子供の勉強に関する不安や悩みが軽くなると思いますよ♪

Z会小学生コースを始めることのメリットについて

教育費というのは遅かれ早かれかかるものですが、

早い時期から正しい方法で勉強することで、教育に関するコストは結局の所最小限に抑えられると思います。

まだまだ受験なんて遠い先のことと考え、勉強をおろそかにしていると、結局、高校受験・大学受験で多額の塾費用や予備校費用を支払うことになります

早い段階であるほど、勉強に関するコストは低く、かつ本人が苦労しないで済みます。

だからこそ早い時期から、【自分で考える力】を正しく身につけることのできる教育方法をオススメします。

早く始めたほうが、コスト的にも労力的にも、そして精神的にも圧倒的に楽です。

以上最後まで読んでいただきありがとうございました!

⇒Z会公式HP【無料資料請求】はこちらから>>>

 

下記の記事ではZ会小学生コースの料金や口コミにまつわる情報をぎゅっとまとめて、分かりやすい図解付きでご説明していますので是非御覧ください。

【Z会小学生コースの全て】種類・コース内容・口コミ・評判を徹底的解説します! Z会小学生コースは通信教育の中でも、教材のクオリティの圧倒的な高さから受講者からとても高い評価を受けています。 ...


⇒【クリックをお願いします♪】小学校教育ランキング

 

ABOUT ME
とも
とも
共働きで6歳と4歳の子育てをしています。これまでの子育てアイテムや、共働きに役立つ時短のコツ。また今年7年目に入った資産運用や節約術を発信していきます。
関連記事はこちら